健診システムの導入を検討している方必見!数あるシステムの中から特に使い勝手がいいものを厳選!

システム導入の事前準備で必要なことはどんなことがある?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/21

近年になって多くの医療機関が健康診断に対応するようになりました。地域住民の要望に応える必要がある場合、何らかの形で対応しなければならないのです。しかしながらある程度の規模になると健診システムの検討をした方が良いでしょう。そのための基礎知識についても学んでおくことにより、安心してシステムの導入に着手することができます。

向こう10年を見据えた受診者の想定をしよう

健診システムを検討するにあたり、システム設計に関わる部分に関するしっかりとした事前準備は必要不可欠です。その中でもどの程度の健康診断を行っていく計画であるのかを明確にすることが、他の様々な情報の中でも特に重要になります。なぜなら、どれくらいの規模をこなすのかによって、必要となるシステムの設備等が変わってくるからです。

医療機関の考え方にもよりますが、かなりの人数の対応をするのであれば複数台の端末を必要とすることもあるでしょう。特にデータを保管するサーバーはある程度の余力を持った設計にしなければ、通信速度の低下やストレージの不足など深刻な問題につながる可能性があります。したがって向こう10年位を見据えた設計を行うことが推奨されます。

例えば現在月に100人程度を受け入れている場合、1年で1200人程度になると考えられます。そのデータが毎年継続的に増えていくことを想定した場合、どの程度の設備にするのかを余裕を持って決めていかなければならないのです。無駄のない設計にするためにはそのような事前準備を丁寧に行うことが重要です。

健診システムが使いやすいものになるかどうかの境目となるのが、この事前準備をどの程度丁寧に正確に行うことができるかであるといえます。このような最初期の対応で使いやすさが決まると言うことを知っておくと良いでしょう。

可能な限りパッケージで運用しよう

健康診断は、ある程度行わなければならない検査項目というのが決まっているものです。したがって専門の会社が提供してくれるシステムの中には、一通り基本的なものが揃っていると言えるでしょう。特に変わった対応していないシンプルな医療機関であれば、システム会社が提供してくれるソフトウェアをそのまま使うだけでも特に問題はありません。最もスタンダードなものとしてパッケージでの導入と言うものがありますが、可能な限りこの対応で処理するのが良いでしょう。

なぜならパッケージソフトであれば、法改正や様々な変更が生じた場合の対応が速やかに行われるからです。医療機関ごとの様々な要求をカスタマイズして導入することももちろんできるのですが、法律の変更等やむを得ない変更に対してシステム改修費が割高になってしまうま可能性があります。

このような問題を差し引いても、カスタマイズが必要である場合には導入すべきです。ただ、不必要なものであればパッケージの範囲内で運用することが、安全性とコストの面でもメリットの大きな選択になるというのが一般的な考え方です。

ある程度の規模になると独自性の追求が必要になる場合もあります。このようなケースに置いてカスタマイズによる変更を検討していくのが、望ましい健診システムの選び方の1つであると言えるでしょう。最初からオリジナリティーを追求するのは、コストの面からもお勧めできるものではありません

柔軟に対応することができる余地についても検討しよう

可能であればパッケージでのソフトウェアの導入が望ましいのは間違いありませんが、様々なカスタマイズのしやすさについても無視をして良いと言うわけではありません。仕事の幅を広げていく場合、どうしてもパッケージのままでは差別化が出来ないと言うこともあり得ます。

そのようなケースにおいては積極的にオリジナリティーの追求をすることも必要でしょう。そのような場合に大切になるのが柔軟性です。

この柔軟性についてはシステムによってかなりの個性があります。全く柔軟性がないシステムと言うものは存在していませんが、ハードルの高さには大きな違いがある場合が少なくありません。システム改修に大きなお金がかかる場合もあれば、比較的簡単に行えるケースもあります。将来の発展に備えて柔軟性がどの程度確保できるのかについても注意しましょう。

しかしながらカスタマイズの多くは、法改正などで基本的な設計を変更した場合の影響が大きくなるものであると言うことを忘れてはなりません。何か大きな変更が行われた際には、カスタマイズをした分だけ修正作業が増えていくと言うことを理解しておかなければならないのです。

そのような対応がしやすいシステムとしにくいシステムが間違いなく存在しています。そのため近い将来想定されるカスタマイズがどの程度のものであるのか、そしてそれに対応することがどの程度容易にできるのかについては確認しておくことが大切です。

 

検診システムにはいくつかの種類がありますが、基本的な性能については大きな違いがないと言えるでしょう。もしもシンプルな健康診断を行っているのであればパッケージの範囲に収めるのがお勧めです。そうではなく大きな仕事を受けていきたいのであれば柔軟性にも配慮して選定を行いましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧