健診システムの導入を検討している方必見!数あるシステムの中から特に使い勝手がいいものを厳選!

健診だけじゃない!2次検の案内から報告まで管理が可能!

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/23

健診システムは健康診断の現場作業を効率化したり、健診結果についてのデータベースを構築したりするのに役に立つものだという認識をしている人も多いでしょう。しかし、健診システムはアフターフォローについても視野に入れて作り上げられている場合がほとんどです。

健診ではアフターフォローが大切

健康診断はあくまで健康状態について知るために最低限必要な検査を受けるためのもので、その検査結果に基づいて専門医による詳しい診察が必要かどうかを判断することこそが重要になります。

健診結果の説明をするときにはどういう所見があり、どんな病気の可能性があるかを指摘し、専門医にかかるべきかどうかを説明することが求められるでしょう。受診者としても自分だけではわからないこともあるので、医師に詳しい説明を聞きたいという気持ちを持っている場合がほとんどです。

そのため、健康診断では健診内容だけでなくアフターフォローの充実度が大切にされています。この認識を持っていることが健診施設や、健康診断に対応している病院やクリニックで働く上では欠かせません。

そして、その経営者も正しい認識を持ち、いかにして徹底したアフターフォローをしていくかを考えることが大切です。特に健康だったという場合には簡単な報告だけで十分ですが、何か所見があったり、疑惑があったりするときの対処はかなり重要になります。

最初のスクリーニングの時点でもうほぼ確定診断にできるのか、正常なのに所見ありとなっている可能性を疑って2次検査を受ける必要があるのかといった点は素人にはわかりません。医師が判断をして速やかに情報を提供できるように体制を整えるようにしましょう。

健診システムは2次検査までカバーできる

健診システムはアフターフォローの体制を整えるのに適しているシステムです。健診システムを使うとスムーズに健診を進めることができるというメリットがあることはよく知られています。

また、測定や問診などの結果をシステム上に記録できる仕組みになっているのも特徴的でしょう。ただ、このシステムは健康診断の結果を集約して記録できるだけのものではありません。その結果に基づいた受診者に対するフォローを簡便におこなえるように設計されています。

健康で特に懸念する必要がない場合にも、経過観察が必要な場合にも通常は結果表を作成して受診者に渡します。その結果表をシステム上で自動作成してくれる仕組みになっているのが通例で、結果説明をするときにも手間をかけることなくすぐに手渡すことが可能です。

一方、2次検査が必要な場合にはその案内をするのが一般的で、結果説明を受ける人にはその場で説明し、郵送などで結果を開示してもらう形にしている人には別に案内をする必要があります。健診システムでは2次検査の案内も自動で作成してくれる場合が多く、検査を受ける場所や予約方法などについても登録しておくことが可能です。メールアドレスが登録されている受診者にはメールを送信して案内することもでき、郵送に比べると速やかにわかるので喜ばれるでしょう。

システム上で2次検査の予約や実施状況も管理できる

健診システムの中には予約管理システムを兼ねているものもあります。このようなシステムを導入しておけばアフターフォローの体制も万全になるでしょう。

2次検査が必要だという案内をした後は、そのシステムにアクセスして予約してもらえば良いだけだからです。システムにアクセスすれば健診の結果に基づいて予約が必要な診療科をリストアップし、空き状況を提示することができます。予約をしたら受診者はその日時に検査を受けに訪れるだけで良いので簡便でしょう。

健診の2次検査だということも現場に知らされる仕組みになっているのでスムーズに対応できます。2次検査の結果も同じシステム上に入力することになり、時系列的に検査結果を追うこともできるのです。その状況から本当に何らかの病気を持っているのか、治療が必要なのかといった診断をすることができるでしょう。

一方、受診状況についてのシステム上で管理されていることから、案内をしたけれど予約が入っていないというときにもう一度案内を出すことも可能です。このように健診を受けた人たちに手厚いアフターフォローを提供できる下地を作るのに健診システムは有効だと言えるでしょう。

 

健康診断は検査をすることが目的ではなく、結果に基づいたアフターフォローをしてもらうのが目的で利用している人がほとんどです。結果の説明や結果表の提供などといった基本的なアフターフォローの体制を整えることが欠かせません。健診システムはアフターフォローを自動化して確実におこなえるようにしているのがメリットです。

2次検査についても案内を出すだけでなく、その後の予約や受診の状況も管理することができます。手厚いアフターフォローが可能なシステムを選び、受診者に喜ばれるサービスを提供できるようにしましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧