健診システムの導入を検討している方必見!数あるシステムの中から特に使い勝手がいいものを厳選!

複雑な団体管理も健診システムに任せればミスを減らせる!

公開日:2020/01/01  最終更新日:2019/12/24

個人情報の管理が厳しく言われるようになっている昨今、健康に関する情報のミスは命とりです。健康診断も例外ではなく、とてもナイーブな情報ですので、間違って他人に知らされてしまったり、数値や診断結果が異なると大ごとになってしまいます。ミスをなくしつつ効率的にするには健診システムの導入が現実的です。

ミスをしやすい環境を安心に変える健診システム

団体の健康診断は受ける方の数も、部署や検査項目も多岐にわたります。そうなると気を付けなくてはならない点も多くなりますし、煩雑な処理が増えます。そのうえ、大きな会社では人数が多いので、似た名前の方はよくいて、健診結果票の取り間違いや数値を間違って記入してしまうミスが発生してしまいます。

人の手ですべてを行うには、手書きで記入して処理と確認も必要で、多くの手間と時間を割いてしまいます。これでは時間がかかるので、急がなくてはならなくなり、さらに気持ちが焦って間違いのもとになります。

個人情報の管理に厳しい時代ですから、特に健康に関するデータの間違いは大きなトラブルに発展してしまう大ごとです。そうなるとあとから余計な時間もかかりますし、健診を受けた社員にも負担をかけてしまいます。

そこで確実で処理も簡単な方法として、健診システムが大活躍するのです。健診システムで使うすべての検査機器のデータが、自動で集約されるので一括で管理できます。また、一人一人が固有の番号などで自動で識別されるので、人間違いや混同することなく確実性もアップします。安全に、確実に素早く処理ができるシステムは団体の健診の強い味方です。

ミスがなくなるとスピードアップにもなる

今までの人の手による処理だと、多くの健診者のデータを扱っているうちに注意力も散漫して、記入ミスや人間違いが起きてしまいます。団体の場合はさばく人数も多いですし、次から次へとやってくるので余裕がなくなってしまうケースも多いです。

しかし、健診システムの場合は個人にIDが与えられて、それをスキャンすることで、その方だけの情報が出てくる、または登録されるので混同することがありません。つまり、本人の情報を本人の書類に記載する、データを入力するための段取りが不要です。

IDは一人一つで同じものはありませんので、重なることもありません。それに付けくわえてスタッフが氏名を確認するなどすれば、今までより簡単で短時間なのに、ダブルチェックまでできて確実になります。

数値を記入していたときには記入ミスや入力ミスのリスクもあります。ところが、健診の機材を連携させるシステムなら、出た数値をそのままデータとして登録できるので、人が記入したり入力する必要がありません。この時点でもミス防止の他に、時間の省略にもプラスになります。健診スタッフはデータがちゃんと送信されたかを見てチェックすればいいので、負担も減って集中して確認ができるでしょう。

また、健診システムが自動で処理してくれるから、チェックだけ入念にすればいいので、安心してスピードのある処理ができます。そうすれば団体健診で気になる、時間がかかってしまう問題点も解消されます。

トータルの管理で威力を発揮するシステム

団体健診の厄介な点は健診の現場だけではありません。その後の処理もそれぞれの会社によって異なるので、都度合わせて人が対応していると間違いの原因になります。

例えば健保を通して行っていれば、健保全体で検診結果の表示の仕方や通知の仕方も合わせなくてはなりません。さらに、検査した数値のデータだけを記載するのではなく、そこから分析やアドバイス、さらに精密検査が必要などと、一歩踏み込んだ情報も載せることが多くなっています。全員分のデータを見て、医師が判断していては膨大な時間がかかってしまいます。

一定の水準を設定して自動で分析する機能もあるシステムなら、健診後の管理まで一括で可能になり、時間の短縮と間違いの防止の一石二鳥で助けてくれます。健診システムを導入すれば、現場もゆとりができスムーズな案内ができます。加えてその後の処理も軽減してくれるので、結果として早めに健診者に結果を通知できて、改善に役立てることができます。

人数や健診の内容が違うなど複雑な団体健診だからこそ、健診システムがあるのとないのでは大きな差が生まれてきます。

 

団体の健診は人数や健診内容も多彩で、間違いが起きやすくて負担も大きいです。健診システムを導入すれば、現場もゆとりができスムーズに進められます。IDで一人ひとりを管理して、確実にスピーディーに管理と処理ができるので、心強い安心のサポート役になってくれます。

健診スタッフが手で記入したり入力することはなく、一括で検査機器のデータが登録されますし、そこから分析や結果も出すことができます。これならヒューマンエラーも防止できますし、時間の省略もできます。ミスのない確実なデータで結果を出せるので、健診者も健診スタッフも安心して気持ちの余裕をもって対応できます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧