健診システムの導入を検討している方必見!数あるシステムの中から特に使い勝手がいいものを厳選!

パソコンが苦手でも健診システムは使える?マウス操作だけでもOK?

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/12/03


健診システムを導入するときに本当に現場でしっかりと運用できるのかが疑問になる場合もあります。パソコンでシステムを扱うことになるため、本当に操作が簡単でスタッフが全員使えるのか心配になる人もいるのです。健診システムはどのくらい簡単に操作できるものなのでしょうか。

作業者はほとんどマウスとリーダーのみで大丈夫

健診システムを操作する医師や看護師、臨床検査技師などの現場での作業者は実はほとんどの作業をマウスとリーダーだけでおこなえるシステムが大半を占めています。中にはキーボードを使う必要があるシステムもありますが、数字や記号を選択するだけだったり、必要があれば備考欄にコメントを記入できるだけだったりするのが普通です。

基本的なルーチンワークについてはマウスとリーダーだけで良いので、パソコンが苦手な人でもすぐに慣れることができるでしょう。検査結果について入力する必要がないのかと疑問に思う人もいるかもしれません。確かにシステム上でいろいろな情報を管理するためにはデータを入力しなければ始まらないですが、入力はほとんど手作業でおこなう必要がないシステムになっています。

健康診断の現場では膨大な数の受診者の検査結果を速やかに、かつ正確に入力できることが欠かせません。そのため、検査に使用している医療機器とリンクさせて自動的にシステムにデータが格納されるようになっています。作業者による手入力の時間を削減できるだけでなく、ヒューマンエラーも防止できるという点で優れている機能です。

実際に作業者は何をするかというと、まず受診者が持っているカードをリーダーで読み込み、受診者についてのデータをシステムに認識させます。そして、マウスを使って検査項目などをチェックし、実際に検査をおこなったら完了ボタンをクリックすれば良いというだけです。

問診のときにも質問項目ごとにチェックを入れたり、プルダウンメニューから該当するものを選んだりするだけで済むようになっています。健診の問診ではヒアリングする項目も限られているのでキーボード入力が必要になるケースはほとんどありません。そして、結果説明をするときにも受診者のデータをマウスで操作して画面に表示しながら説明すれば良いというのが一般的です。

データ管理者はキーボードを使うことが必要

現場の作業者については確かにマウスとリーダーだけで操作が可能ですが、健診システムを扱う誰もがキーボードを使う必要がないというわけではありません。システムのデータ管理者はキーボードを使える必要があります。

例えば、受診者にカードを発行し、そのカードをリーダーで読み込むだけでどの患者かがわかるようにするには、カードと患者データの紐付けをしなければなりません。初回受診時に本人からの聞き取りや健康保険証の情報を使って個人データを作る必要があるのです。

この際には氏名などを手入力しなければならない場合が多くなっています。場合によってはICチップが埋め込まれている健康保険証などから直接データを抽出できることもありますが、通常はキーボードでの入力が必要です。

これ以外の部分については基本的にはキーボードも使えるだけで、マウスとリーダーを使用できれば操作できるので心配ありません。

使用方法についてのレクチャーも受けられる

マウスやリーダーで操作できるとしても使用方法に不安があるという場合もあるでしょう。データ管理の担当者があまりパソコンを得意としていないから本当に正しく入力できるかが不安という場合もあるかもしれません。

そのようなときにも健診システムの開発業者や代理店に相談すればレクチャーの機会を設けてもらうことができます。簡易的なマニュアルを見ながら講義を受けてイメージを膨らませられるだけでなく、実際にどんな操作が必要なのかをデモンストレーションしてもらうことも可能です。

受講人数がある程度少なければ実際に操作しながらレクチャーを受けることもできるので、不安があるときには申し出てみると良いでしょう。

 

健診システムはパソコン上で操作するものなので苦手意識がある人がスタッフの中にいると導入しても大丈夫かと不安になりがちです。しかし、マウスとリーダーさえ使えれば現場での作業はほとんどすべてできるようになっているので心配はありません。

検査結果の入力も医療機器とリンクされているので自動的におこなわれるようになっています。ボタンをクリックしたり、プルダウンメニューから該当するものを選んだり、チェックボックスにチェックを入れたりすることができれば運用可能なのです。

必要があれば健診システムの開発業者や代理店が使用方法についてレクチャーをしてくれるので、不安があるときには申し出てみましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧