健診システムの導入を検討している方必見!数あるシステムの中から特に使い勝手がいいものを厳選!

外来メインの医療機関こそシステムを導入した方がいい理由とは?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/26

健康診断はほとんどすべての医療機関で実施することができますが、最近では特に外来中心の医療機関でも健康診断を受け入れるようになってきています。しかし通常の保険診療とは異なる仕組みがありますので、実際にはかなり手間がかかることがわかります。これを上手に解決してくれるのが健診システムと呼ばれるものであることを知りましょう。

健診は外来診療とは全く違う仕組み

健康保険証を使って行う一般の外来は、保険証の提示により1部負担で治療を受けることができる仕組みで成り立っています。ほとんどの保険医療機関はこの仕組みを活用しているのですが、健康診断は原則としてこの保険証を使うことができません。したがって全く違う仕組みの医療活動を行うことを求められると考えなければいけません。

しかしながら外来診療メインの病院にとって、全く異なる仕組みの健診を行うにあたって、それほど多くの人材を割く事は難しいと考えられるでしょう。そのような場合こそ、健診システムを導入することにより最小限のメンバーで管理運営ができるようにするのが賢い選択であるといえます。

健診システムの優れているところは、パッケージとなっているソフトウェアの中で必要とされる様々な機能を標準装備しているところにあります。1から何かを考える必要がありませんので、少ない人数で効率よく健康診断を運営することができるようになるのです。

人数が少ないからExcelで対応すれば良いと考えている医療機関もありますが、ある程度の規模になると手間がかかってしょうがなくなることが目に見えています。そうであればこそ早い段階でシステムの導入を検討するのが良いでしょう。初期投資こそかかりますが、ある程度の人数が増えたとしても管理上の困難さはほとんど変わりません。少ない人的資源で多くの仕事を管理することができるようになるのは、システムならではのメリットであると考えるのが良いでしょう。

システム化によって管理コストを下げられる

健康診断をシステム化することによってコストが下げられるのは、多くの人にとってイメージされるものであるといえます。特に報告書を管理するにあたって、検査結果を適切にデータ処理することができるかどうかが問題となります。自動的に検査結果を取り込んでおけば、後は適切な処理を機会が行ってくれる仕組みを作ることも健診システムなら可能です。これは忙しい医療機関の立場で考えると、自動化により少ない人数で仕事ができるようになることに加え、人の手によるケアレスミスを防ぐことにもつながります。

システム化することによって手順が明確になり、経験の浅いスタッフでも手順通りに進めることで仕事を前進させることも要因になります。保険診療とは異なり健診は独自に価格設定をすることが許されていますので、競争力の高いサービスを提供するためにも安全性が高く手間のかからない仕組みを作ることがとても重要になります。そしてそのような結果を実現するためには健診システムの存在が欠かせないのです。

いくつかあるシステム会社が提供しているパッケージのソフトウェアは、ライセンス形式で導入することができる場合がほとんどです。展開する規模に応じてクライアント機を設置することになりますので、無駄のない投資で効率を最大化させることができます。上手に活用することができれば医療知識のない一般事務スタッフであっても、健康診断の結果管理を行うことが容易になることが期待されます。システム化にはそのようなメリットがあるのです。

パッケージのシステムを導入するのが1番ラク

健康診断を行うにあたってオリジナリティーを追求したい気持ちを持つケースは少なくありませんが、最初の段階ではパッケージのソフトウェアの範囲内で収めておくのがおすすめです。なぜならそれが最もコストパフォーマンスに優れた方法であるからです。

健康診断は法律に基づいて実施すると言う背景がありますので、法改正に伴って見直しをしなければならないケースが少なくありません。そのような場合にパッケージのソフトウェアの場合は、安いコストで更新が可能になるのです。

オリジナリティーを追求する場合にはカスタマイズを欠かすことができません。しかしながらこのカスタマイズを行えば行うほど、様々なシステム更新コストを高めてしまうことになります。従って将来的にかかる維持コストを考えた上で、それでもなお実施したいオリジナリティーの追加があるのであればカスタマイズに取り組むようにしましょう。このような要望はシステム会社によって対応に違いがありますので、求めている内容を最も実現することができる会社を選択することも重要です。

またパッケージのソフトウェアと言う形で導入するメリットとしては、コストを低く抑えることができると言う点も欠かすことのできない視点です。ある程度形にはまった業務内容となりますので、健診システムを導入する際には最もスタンダードなところから始めていくと良いでしょう。細かなカスタマイズを必要とするのは、ある程度規模が大きくなってからであると考えることができます。

 

健診システムを導入することで経験の浅いスタッフであっても、少人数で健康診断を運営することができるようになります。これが最大のメリットであるため外来診療中心の医療機関が取り組む場合こそ、このシステムの利便性を頼りにするのが良いと考えられます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧