健診システムの導入を検討している方必見!数あるシステムの中から特に使い勝手がいいものを厳選!

システムで短時間出力できる!受診者に喜ばれる報告書のポイントとは!?

公開日:2020/01/01  最終更新日:2019/12/24

健康診断を受けたら結果を報告してもらわなければ意味がないのは明らかでしょう。健診を受けた人たちにできるだけ喜んでもらえるようにすることで、次の健康診断のときにも利用してもらえる可能性が高まります。どんな報告の仕方をすると喜んでもらうことができるのでしょうか。

すぐにその場で報告を受けられるのが肝心

健診を受けに来た人はすぐに結果報告を受けたいと考えている場合がほとんどです。検査結果を集約し、報告書をまとめて医療スタッフによる説明をできるようにするにはかなりの時間がかかってしまい、すぐにその場では報告できない場合も多いでしょう。

しかし、難しいからといって諦めてしまうと、うまくすぐに結果報告をできるようにした健診施設に顧客を持っていかれることになってしまうかもしれません。実は健診システムを活用すればちょっと待っていてもらうだけで結果報告をできるようにすることが可能です。

健診システムを運用していれば検査結果を集約する必要はありません。身長や体重などの身体測定、心電図検査や血液検査などの結果がリアルタイムでシステム上に記録されていくからです。特に手入力をする必要もなく、機器を使って検査をした結果がそのままシステムに入っていくようになっています。

受診者が検査室を回っていき、最後の検査が終わったときには、検査結果が出るのに時間がかかる項目以外は全てわかる状況になっているのです。そして、健診システムでは受診者の検査結果が一つのデータとしてまとめられているので、検査結果が出ているものに関してはすぐに出力できます。

胸部X線検査や胃カメラなどのように結果が出るのに時間がかかるものについてはその場で報告するのは難しいですが、速報版として結果がわかっているものだけ帰り際に伝えることはできるのです。

結果の解釈がわかる報告書が重要

結果について受診者に伝えるときにはただ検査値を伝えるだけでは十分ではありません。喜んでもらえるようにするにはその検査結果が安心して良いものなのか、これから何か気をつけなければならないことがあるのか、二次検査を受けてみなければならないのかといったことがわかるようにするのが大切です。

医療スタッフによる説明をする場合には口頭で伝えることもできますが、必ずしも口頭で伝えれば十分というわけではありません。その場では理解できなかったことを自宅に帰ってから落ち着いて考え直してみることで、本当にどうすべきなのかがわかるということもあるからです。そのため、報告書を作成して持って行ってもらうことが重要になります。

その場での結果報告のときだけでなく、全ての検査結果が出た後での報告でも同様です。後になって検査結果を見たときにやはり数値が並んでいるだけでは判断が難しいということになるでしょう。そのため、検査結果に対する解釈を添えた報告書を与えることが欠かせません。

それを一つ一つ手書きあるいは手入力していると大変な労力がかかってしまいますが、健診システムを使うとほぼ自動化することが可能です。検査結果に基づいて伝えなければならないことはほぼ一義的に決まるというのは医療スタッフならよくわかっていることでしょう。

それをパターン化してシステム上に登録してあるので、結果さえ出てしまえば適切なアドバイスや二次検査の案内などをつけることは簡単なのです。健診システムを使えば喜ばれる報告書が自動的に作られるので安心と言えます。

何をすべきかが具体的にわかる報告が喜ばれる

結果報告で所見があったときなどには受診者は結局何をしたら良いのかがわからず悩んでしまうこともあります。要精密検査と書いてあったとしても、どんな検査をどこで受けたら良いのかわからないでしょう。検査結果に基づいてどんな検査をするのが良いか、どの診療科を受診すべきかを明確にして記載してある報告書は喜ばれます。

提携先のクリニックなどの連絡先が入っていると、特に調べる必要もなくなってさらに喜んでもらえるでしょう。同じ施設内で精密検査をおこなえるのであれば、受診可能な曜日や予約方法などについて案内するのが効果的です。要経過観察の場合にもどのくらいの頻度で検査を受けたほうが良いか、日常的に何に気をつけたら良いかなどといった点が具体的に記載されているのが望ましいでしょう。

このように受診者の立場に立った記述がある報告書を整えるのも健診システムを使うと簡単です。どんなことを記載するかを予め登録しておくと自動的に記載されたものができあがります。

 

健康診断を受けたらすぐにその場で充実した内容の結果報告を受けたいと考えるのが常です。健診システムを使うと短時間で報告書を出力することができるため、検査結果がすぐに出る項目については帰り際に結果報告をおこなえます。

内容についても自動的に作成できるようになっていて、検査結果の解釈についてもわかりやすく記述された報告書に仕上げることが可能です。そして、その結果を踏まえて何をしたら良いかも具体的に記載できるので、受診者から喜ばれるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧