健診システムの導入を検討している方必見!数あるシステムの中から特に使い勝手がいいものを厳選!

受診者のストレスも軽減!予約管理の効率化を図りたいならコレ!

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/12/03


健康診断に関わる業務は、予約の受付からその管理、検査結果の入力そして診断結果表の作成までさまざまな人的手間がかかります。そこで注目されているのが「検診システム」の導入です。ここでは、システム利用のメリットや選び方のポイント、比較サイトでも人気のおすすめを見ていきましょう。

システムを導入するとどんなメリットがあるのか

健診システムというのは、健康診断に関わる業務を効率化するためのツールの一つです。おもに検診機関や病院などで使用されるシステムで、受診者の予約から登録・結果報告書の作成から印刷までを一括でおこなうことができます。

このシステムを導入することによって得られるメリットは多くありますが、一番大きいのは「業務の効率化」が挙げられます。具体的には、予約状況・受診者データ管理・書類管理・業務の進捗状況管理・売上管理が円滑化されることで、大幅な業務効率アップが可能となります。

これまで、健診業務には条件や用途に応じて多くの書類の出力が必要でしたが、データ抽出機能などを使えば業務ごとに進捗状況が可視化できます。受診人数や受付状況も簡単に把握でき、受診者リスト一覧もカレンダー表示ができるなど、多くの便利機能を備えているものもあります。また、健康保険の種別による請求処理から入金管理までがスムーズになるなどの利点もあります。

次にメリットとして挙げられるのは、「コスト削減」です。従来であれば、健診に関わる業務および関連した管理業務をおこなうには多くの人件費が必要でした。対人での予約受付や管理、書類ごとの出力などをおこなうために非効率な業務が多かったためです。

コストの中でも特に人件費は多額であるため、この部分が削減できることはクリニックや検診機関にとって大きなメリットです。人件費を削減できた分は健康診断のための最新機器や設備の導入費などに充てることもできます。

このシステムは、当然受診者の利便性も高めることが可能です。これまで電話で空きの確認をしたり、日時変更の連絡などをしなければならなかったものが、パソコンや携帯・スマートフォンで簡単にできるようになれば大いに便利です。

システムを選ぶときに押さえておきたいポイントは

健診システムを導入するにあたって、数ある製品の中から選ぶ際に着目するポイントをいくつか見ていきましょう。

まず確認すべきは「費用」の問題です。導入することにより人件費の削減や業務効率化という大きなメリットが得られるのは前述しましたが、その代わり導入には初期投資が必要になってきます。システムは導入するパソコン台数やスペックなどにより費用も違いますが、200万円から400万円程度が相場のようです。

高額なものほど性能が良いのではないか、と考えがちですが一概にそうとはいえません。大切なのは、使用したい機能がきちんと揃っているものを選ぶことで、不必要な機能が多いものを導入しても費用ばかりがかかって逆にムダになるということも起こりえます。

次に、「汎用性があるか」という点です。具体的には、さまざまなフォーマットでの出力が可能かという点です。特定健康診査は、診断結果の電子データを決められたフォーマットで提出しなければなりません。

また、最近では各種けんぽ組合などで、特定検診以外のものも電子化されたデータで提出が求められることが増えてきています。したがって、いろいろなフォーマットに対応できる汎用性があるかは確認をしておく必要があります。

そして最後に「サポート体制」です。システムを導入しても操作が分からなかったり、万が一のトラブルがあってはそのメリットを生かしきれません。そこで導入後のフォロー体制がしっかりしているかは事前にチェックしましょう。

具体的には、何かあったときに電話やメールなどですばやく対応が可能かどうか、状況に応じた適切な対処方法を提示してくれるかなどです。これらは提供元企業のホームページなどで確認することも必要ですが、実際に利用者のレビューなどを確認してみると良いでしょう。

ランキングでも人気がありおすすめのものは

比較サイトやアンケートなどでも上位にのぼりおすすめなのが、高い操作性とサポートも充実した、テクノア・総合健診支援システム『iD-Heart(アイディーハート)』です。業務効率化を目的として、ITを活用した一括管理と多くの機能を備えていますので、受診者の利便性向上も図ることができます。

特徴は操作が簡単であること、診断結果報告書作成までの時間が大幅に短縮できること、そして検診業務に関わる経営管理面も含めた総合支援、以上の3点が挙げられます。

同システムは、協会けんぽ専用のものとは違い、特定検診・自治体検診から人間ドックにいたるまでさまざまな検診制度に対応した設定ができることから、国内でも有数のシェアを誇っています。また、特定検診に多く利用されてきたフリーソフトなどと比較して、より受診者が見やすい報告書を提供してくれます。

サポート体制も充実し、電話・FAX・メールによるホットラインが設けられていますし、万が一のトラブルや操作方法の問い合わせなどが可能な保守契約も用意されていますので安心です。

 

健康診断業務は多くの手間を必要としますが、その業務を効率化できるとして注目されているのが「検診システム」です。導入することにより、効率化に加えて業務の円滑化も図れますし、受診者も電話予約や変更の手間が楽になるなどの多くのメリットがあります。

その代わり初期費用はかかりますので、導入前にはさまざまなシステムの中から自社に適したものを充分に検討することが必要です。ここでご紹介したおすすめのシステムなどを参考にしながら、費用面・汎用性・サポート体制などを確認したうえで、最良のものを選択するようにしましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧