健診システムの導入を検討している方必見!数あるシステムの中から特に使い勝手がいいものを厳選!

検体と紐付けできる!到着状況の確認や結果の管理も素早く可能に!

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/23

健康診断を実施する医療機関にとって様々な管理をする健診システムは欠かせないものになってきています。小規模な医療機関の場合にはExcelを使って管理することも珍しくありませんが、ある程度の規模になると検体管理など面倒な作業が増え、管理が限界になることもあります。そうなる前の段階でシステム化を検討するのが望ましいといえます。

健康診断は血液や尿、便などの検体の管理が必要

健康診断の場合には血液検査や尿検査ほぼ必須の検査となっています。これらは採取した検体を個別に検査し、その結果を管理することになるのですが、紙媒体で完了すると管理が非常に煩雑になってしまいます。一人ひとりの情報システム化し、必要な情報を適切に引き出すことができるようにする必要があるのですが、そのような仕組みを一手に担ってくれるのが健診システムです。

医療機関によってはメインとなる一般診療の方を優先し、健康診断のシステム化に着手していないケースもあるのですがこれはあまり正しい判断であるとは言えません。健康診断をシステム化することにより、多くの情報を簡単に管理することができるようになります。特に面倒になる検体の情報管理は番号による紐付け等により、スムーズに処理することができます。

また間違いの予防にもつながる点が大きなメリットとなっています。  健康診断と一口に言っても、様々な検査項目がありますので全員が同じであるとは限りません。効率よく管理するためには専門のシステムを組むのが最も確実な方法です。

尿、血液、便等の検体を検査当日に採取することができない場合もあり得るため、後日処理などにも対応する必要がありますが、パッケージになっているソフトウェアであれば、かゆいところにも手が届くような行き届いたシステムが最初から用意されています。ノウハウがある場合もない場合も、効率化を最大限に高めるためには健診システムの導入が必要不可欠となります。

健診システムを使えば面倒な検体管理も簡単に

検体管理を考える場合、健康診断の場合には尿と血液、場合によっては便があり得ます。これらは通常の診療の中でも必要とする場合がありますが、こちらの場合は保険診療の枠組みの中であらかじめ定められた金額での管理をすることになるでしょう。

これは保険診療と言う枠組みの中ではどこでも同じ金額で管理されており、パッケージ化されたソフトウェアを導入することが容易に可能です。しかし健康診断の場合にはこの保険診療とは全く違う制度で成り立っていますので、同じ仕組みを流用することが必ずしも良い結果にはつながりません。

結果の管理だけであれば特に問題はありませんが、報告書の作成や健診費用の管理まで含めると、同じ検査をしても対処方法が全く違います。また同じ検査であっても複数の料金体系を持つ場合もあるため管理には工夫が必要です。

特別な場合を除いて尿検査を当日に実施することができないケースは稀ですが、食事の影響を受けやすい血液や、忘れやすい便検査等は後日対応しなければならない場合もあるでしょう。このようなケースにおいて検体と検査結果データベースの紐付けは面倒な作業になるのが一般的です。

このような作業を標準的なExcelで行うのであればため息の出る作業かもしれませんが、ノウハウを持っている健診システムであれば効率的な管理方法を提案してくれます。規模が大きくなればなるほど考えて管理しなければならなくなる多くの情報を扱う健康診断も、実績のあるシステムの導入により簡単な管理方法を入手することができるのです。

取扱件数が増えるほどにシステム化のメリットが出てくる

最近では小規模な個人クリニックでも健康診断を実施する場合が少なくありません。しかしそのようなケースでは専用の健診システムを設置する事はあまりないと言われています。

最も多いのはExcelを使った管理方法であり、個人レベルの域を出ないものです。この内容で処理することができる範囲であれば良いのですが、この方法を採用している限り規模を大きくしていく事は不可能でしょう。無理に大きくすれば希望に比例して人件費がかさむことになり、そこに利益は生まれないのです。

このようなケースにおいて必要なのは健診システムです。ほとんどのシステムが目的としているのはシンプルで間違いのない情報管理を行うと言うものであり、健康診断に必要とされる情報を管理するのであれば検診システムを設置しない理由はありません。

専門の会社が販売しているシステムを導入するだけでも数百人規模の管理は簡単に行うことができますし、より多い人数に対応することも容易です。実績のあるソフトウェアの場合には運用方法のノウハウを教えてくれることになるでしょう。

このようなシステムの導入メリットは規模が大きくなればなるほど感じることができますし、実際にその恩恵を受けることが可能です。もしもこの分野の成長を願うのであれば、早い段階で検討しましょう。具体的に進めていくことが要求される日が必ず来ます。

 

検診システムのメリットは検体等から得られる検査情報の管理を容易とすることにあります。手間のかかる作業をシンプルなものに変えることができるので、より少ない人数で多くの仕事をこなすことができるようになります。このメリットを得るためにシステムが必要になるのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧