健診システムの導入を検討している方必見!数あるシステムの中から特に使い勝手がいいものを厳選!

THiS(ジス)の画像

おすすめポイント私たちの健康づくりのための総合的なデータ管理を実現。

総合健診システムTHiS(ジス)とは、株式会社アルファインターナショナルがリリースしている健診システムです。従来の健診システムよりグレードアップした、医学検査情報から生活習慣、栄養、ストレス管理まで総合的な健康情報管理を可能としたシステムをコンセプトとしています。

このコンセプトに基づいて、検査データ管理の自動化、人的ミスの軽減、作業時間の短縮、精度管理の向上、スムーズな情報共有の実現を可能としています。

健診システム”THiS”とは?

THiS(ジス)の画像2
ここではシステムのコンセプトや特徴、また標準装備されている機能についてご紹介します。

ジスの特徴

総合健診システムTHiSは、効率化や使いやすさを追求した機能及び画面設定、システムの柔軟性を持ち合わせており、また、充実したフォローアップ及びシステムサポート体制を整えています。独自の開発ツールである「Instead」を採用しており、OSのバージョンに依存しないシステム設計になっています。そのため、ハードウェアの更新や買い替えも自由にできるのも特徴です。

システムは通常のネットワーク版と小規模クリニックや健診施設向けのスタンドアロン版の2種類をリリースしており、施設の規模や抱えている課題及び予算に応じて、製品を選択できます。

標準機能

総合健診システムTHiSに付帯されている機能は、基本情報管理・スケジュール・予約/準備・受付・検査進捗・結果・ドクター入力・報告書作成・請求・協会けんぽ・統計・マスタメンテナンス・自動判定となっています。

ジスが特に強みとしている点は、長期利用が可能な設計の「システムの拡張性及び柔軟性」・「効率と省力性向上を追求した業務処理」・「安心のセキュリティ対策」・「自動判定機能によるロジックの見える化」を特に売りとしています。

またネットワーク版とは異なり、受診者200人~2000人規模の医療機関向けにリリースしている「s.THiS(エスジス)」というスタンドアロン版も用意しています。こちらのパッケージは健診業務に必要な機能は一通り揃っていますが、こちらはマスタ設定や帳票設計が不要なシステムになっています。そのため、健診システムを初めて導入する場合でも、操作しやすく設定の時間が省略できるものになっています。

健診システムTHiSに関してのあれこれ

THiS(ジス)の画像3
ここでは健診システムTHiSの導入にあたって、費用や操作習得などの気になる点をご紹介します。

費用はどれくらい?

あくまで目安の金額になりますが、単体導入の場合は200~300万円くらいが多いようです。ただ、ネットワーク構成の場合は、導入するPCの台数を考慮してパッケージ価格が適用されます。もしPC3~4台に導入する場合、発生する金額の目安は300~500万円程になるようです。標準装備されている機能以外は仕様は相談して決定させ、金額を提示する流れになります。ただし、ランニングコストに関しては高い印象もあるため、その点は確認してみましょう。

操作の習得の目安

システムの規模により、操作習得までの期間が異なってきます。ですが目安としては、単体の場合は3日程度で習得できるようです。大規模なシステムでも10日前後の期間で、一通り操作できる設計になっているようです。

利用者からの評判も高い。サポート体制の充実度も高い。

THiS(ジス)の画像4
ジスでは、利用者の声を聞くことでシステムの改良に繋げています。また、万が一の事態でのシステムサポート体制や支援体制を整えています。ここでは、それらの詳細についてご紹介します。

お客様の声について

ジスには公式HPに「事例・お客様の声」という項目があり、そこにジスを利用した人たちの導入の経緯や使用してみた感想が掲載されています。

システム導入によって業務効率化が実現できたという声が見受けられました。また具体的な感想として特に多かったのは、

「クリニックの運用に合わせたシステムを設計してくれた。」
「とても早いスピードでシステム化をしてくれた。」
「こちらから出した要望を全て聞いてもらい、対応してくれた。」等の声がありました。

また「他社ではできないと断られた内容でも、柔軟に対応してくれた。」という声もあり、運用面での利用相談もじっくり聞いてもらえることが分かりますね。

ソフトウェア・システム支援

ジスではステムの運用サポートの体制に特に力を入れています。導入後のシステム維持・管理のサポートを行う保守・サポートの保持、専任システム担当による迅速で適切なソフトウェア保守及び障害対応、電話・FAX・Eメールでの問い合わせ対応、緊急時のオンライン対応や出張対応などがあります。

また、定例会によるシステム情報の共有、システム全般の運用支援、開発ツールのバージョンアップ版提供・操作指導を行っています。

営業活動及び利用者支援

健診システムTHiSを提供するアルファインターナショナルでは、営業面での対応にも力を入れています。最新情報の提供や運用・体制変更の通知、追加システム及びハード入れ替え時の営業対応、セミナー・展示会及び利用者限定の会の案内を行っているようです。システム面での支援も利用者に対する支援も、万全の体制を整えている点が安心できますね。

THiS(ジス)の画像1

THiS(ジス)

私たちの健康づくりのための総合的なデータ管理を実現。

公式サイトで詳細を見る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は健診システムTHiSの特徴や標準機能、費用や操作の習得目安、システムサポート体制、利用者への支援体制についてご紹介しました。健診システムTHiSは機能の充実さやシステムの使いやすさだけでなく、システムサポート体制も備えており、導入後の支援にも力を入れているのが強みになっていますね。また、システムとOSが分離しているため、ハードウェアの更新もこちらのタイミングでできるのも良いですね。

健診システムTHiSでは、電話や問い合わせフォームから導入の相談・問い合わせを受け付けています。また、製品カタログはネットワーク版とスタンドアロン版どちらも公式HPに掲載しているため、併せて読むのも良いかもしれません。

会社情報・お問い合わせ電話番号

・会社名:株式会社アルファインターナショナル

・住所:東京都港区三田1-3-33 三田ネクサスビル5階

・電話番号:0120-345-445

・営業時間:10:00~18:00

・定休日:土日祝定休




サイト内検索
記事一覧

健診システムの比較ランキング一覧

イメージ1
2
3
4
5
会社名総合健診支援システム
『iD-Heart』
(アイディーハート)
タック総合健診システムPC-健診
(ピーシー健診)
THiS
(ジス)
TOHMAS-i
(トーマス・アイ)
高い操作性で、作業時間短縮及び経営管理をサポート導入実績1000本以上、最新版で多数の機能を搭載どの規模も対応可能な健診システム・医事システムを提供私たちの健康づくりのための総合的なデータ管理を実現最新のシステムを採用した、次世代型の健診システム
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら