健診システムの導入を検討している方必見!数あるシステムの中から特に使い勝手がいいものを厳選!

タック総合健診システムの画像

おすすめポイント全国で導入実績1125本。最新版で多数の機能を搭載。

タック総合健診システムは、タック株式会社がリリースしている総合健診システムです。導入している医療機関はとても多く、全国規模に渡ります。1994年にリリース以来、導入実績は1000本以上。その実績を活かし、お客様のニーズを取り入れつつ、バージョンアップを重ねてきたシステムとなっています。健診業務全般において、情報の記憶、一括管理、共有機能など、情報活用による業務プロセスの改善及び効率化に真価を発揮します。

社名 タック株式会社
設立 1976年3月1日
資本金 6,000万円
代表者 代表取締役社長 髙橋 繁樹
従業員数 347名
事業内容 1)システムインテグレーション事業
 ・受託ソフトウエア開発
 ・ネットワーク設計・施工
 ・情報機器販売
 ・システムメンテナンス
2)Webサービス事業
3)パッケージソフトウエア開発・販売
4)ネットワーク設計・施工
5)アウトソーシング
6)情報機器販売
主要取引先 【日本国内(全国)】
・イビデン株式会社
・イビデン国内グループ各社
・ 病院、健診機関、官公庁その他
【海外】
・イビデン海外グループ各社
加盟団体 一般社団法人 中部産業連盟
一般社団法人 中部生産性本部
一般社団法人 岐阜県経営者協会
一般社団法人 岐阜県情報サービス産業協会
ぎふIT・ものづくり協議会
岐阜県IoTコンソーシアム
大垣商工会議所
株主 イビデン株式会社
本社 〒503-0803 岐阜県大垣市小野4丁目35番地12
TEL 0584-75-6501(代)
FAX 0584-75-6502

タックの健診システムの特徴・機能について

タック総合健診システムの画像2
ここではタック総合健診システムがどんなシステムか、標準装備されている機能についてご紹介していきます。

タックの健診システムとは?

タック総合健診システムはタック株式会社がリリースしている健診システムです。1994年にリリースをしてから全国の医療機関で導入されており、健診業務のスムーズな運用と関連業務の時間短縮において大きな役割を果たしてきました。

全国での導入実績件数が多いだけでなく、「巡回健診システム」や「保健指導システム」などもリリースされているため、健康診断業務全般を多角的な方面でサポートできるものになっています。

バージョンアップで、より一層健診業務の効率化を可能にする

現在リリースされているバージョンでは機能の充実化が施されただけでなく、「帳票作成」・「情報の共有化」・「操作性」・「導入までの時間」・「ビジネス統計情報」の点で特に強化されています。

利用しているお客様の声を反映しこれらの機能を強化させたことで、「経営判断のスピードアップ」・「顧客満足度の向上」・「職員満足度の向上」の3つの向上を成功させています。

標準機能①

タック総合健診システムに付属されている標準機能は、「myメニュー」・「コミュニケーションツール」・「契約業務」・「受診者管理」・「予約業務」・「事前準備」・「受付業務」があります。「myメニュー」ではメニュー画面のカスタマイズを行い、よく使用する機能を表示させることができます。「コミュニケーションツール」ではメール・掲示板での連絡機能で、職員間での連絡に大きな役割を果たします。

また「契約業務」では健診コース及びオプション内容登録・負担金額登録を行うもので、「受診者管理」では受診者情報の管理・ラベリングができるものです。他の業務も、健康診断を行うにおいて必須機能とも言えるものです。どれも内容が充実しており、また必須機能だからこそ使いやすい設計になっています。

標準機能とオプション機能について。巡回健診システムも用意している。

タック総合健診システムの画像3

標準機能②

その他に標準装備されている機能は、「個人会計」・「結果入力」・「成績表」・「月次処理」・「統計」の機能があります。個人会計では請求金額の管理だけでなく、宛名の変更や領収書発行にも対応しています。結果入力は健診結果のコメント入力や自動判定などはもちろん、健診結果の参照も可能です。結果の参照については専用webを用意しているため、システム未導入のパソコンでも閲覧が可能です。

他にも、健診成績表の状況管理及びデータ保管、月次処理、統計データの抽出及び出力にも対応しています。

オプション機能

健診システムのオプション機能として、検査の実施予定人数と実施済人数のグラフ表示をする「検査進捗管理」、診断結果の画面表示とアニメーション面談機能がある「面談指導」も追加可能です。これらの機能を活用することで、一層の健診業務の効率化と健診結果のフィードバックを充実させることができます。

巡回健診システムの特徴・機能

巡回健診システムは健診車での健康診断業務をアシストするシステムツールです。

搭載機能としては、健診車の配車スケジュールや出勤スタッフのスケジュール管理を行う「スケジュール管理」、受診者管理を行う「受診者管理」、受診者の受付や検査項目の追加削除を行う「現場受付」、契約情報登録を行う「契約業務」、健診後の作業管理や報告書の作成を行う「作業進捗管理」、健診終了後に戻った後の受付処理を行う「帰着後受付の機能」が付属されています。

日にちやチームごとに巡回計画を1つの画面で把握することができ、当日の運転手や集合場所などの情報も入力することができるため、スムーズな計画のもと、実施することができます。受診者の受付もバーコードから簡単に受付が可能となり、終了後は帰着処理を行うことで受付情報が更新されます。

その結果、検査ごとの人数や受診者の人数把握はもちろんのこと、受診していない人の確認も容易となります。実施計画から実績確認までの管理が効率化されることで時間の短縮とスタッフの業務軽減に繋がると考えられます。

このように巡回健診システムはどれも総合健診システムの補助の役割を果たすものになっています。高齢化社会が進む現在は、なかなか病院へ足を運ぶことが難しい方も今後、増えていくと予想されるため、巡回健診の利用頻度も上がっていくことでしょう。

健診システムのビジネス活用・サポート体制にも強みが。

タック総合健診システムの画像4
タック総合健診システムには、健診業務のサポート機能だけでなく、ビジネス面やシステムのサポート面でも強みがあります。

ビジネスインテリジェンス機能

ビジネスインテリジェンス機能とは、業務システムで蓄積された企業内のデータを、分類・検索・分析・加工するものです。従業員の健診データを分析することで、企業が今後どのような人員管理や経営管理を行えばよいかなど、企業の方向性を決めるのに活用されます。

この機能を活用することで、分析作業の時間が大幅に短縮され、都度帳票データを企業内の専門部署で作成する手間も省略できます。高齢化社会が進む現在は、なかなか病院へ足を運ぶことが難しい方も今後、増えていくと予想されるため、巡回健診の利用頻度も上がっていくことでしょう。

サポート体制

タック総合健診システムは、不明点の質問や使用方法のお問い合わせに対応する専用サポートデスクを設けております。お客様に長く安定してシステムをお使い頂くため、高品質のQ&Aサポートサービスを提供しています。

不明点の回答を行うソフトウェアサポート契約だけでなく、公衆回線を利用し緊急時の対応を行うオンラインリモートメンテナンスも設けているため、いつでも安心して問合せができます。

タック総合健診システムの画像1

タック総合健診システム

導入実績1000本以上、最新版で多数の機能を搭載

公式サイトで詳細を見る

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はタック総合健診システムの特徴や機能、サポート体制についてご紹介しました。タック総合健診システムは機能面の充実度だけでなく、巡回健診システムを用意していること、ビジネスでの活用にも力を入れているのが特に良い点でしょう。ただし、カスタマイズありきのシステムではあるため、ランニングコストは高く付く可能性があることをお伝えしておきます。

タック総合健診システムでは、電話・メールなどで導入の相談・問い合わせを受け付けています。気になった方は、是非ともお問い合わせしてみましょう。

サイト内検索
記事一覧

健診システムの比較ランキング一覧

イメージ1
2
3
4
5
会社名総合健診支援システム
『iD-Heart』
(アイディーハート)
タック総合健診システムPC-健診
(ピーシー健診)
THiS
(ジス)
TOHMAS-i
(トーマス・アイ)
高い操作性で、作業時間短縮及び経営管理をサポート導入実績1000本以上、最新版で多数の機能を搭載どの規模も対応可能な健診システム・医事システムを提供私たちの健康づくりのための総合的なデータ管理を実現最新のシステムを採用した、次世代型の健診システム
詳細リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら